一年を通して美味しい食材の宝庫、静岡!!!

静岡人には当たり前すぎるかもしれませんが、四季を通してこれだけの豊富な食材が有る県、そんなに多くは在りませんよ!

もっと知ってほしい、静岡の美味しい地酒

静岡の地酒!吟醸王国静岡と言われる由縁!

それは、静岡は決して酒蔵が多くは在りませんが静岡の蔵元はこだわり抜いたお酒、純米酒以上のお酒を造っている蔵が殆ど、普通酒を造られている蔵元が少ないのが特徴!蔵元達が情熱を注ぎ自信を持って仕込んだお酒です。水に恵まれ、独自の米適用米(誉富士)を造り、蔵元達と県の共同開発で生まれた静岡酵母、そんな熱い気持ちのこもった静岡の地酒を銀座店では季節によりチョイスしながら販売しています。ご注文の際、ご自分の好みを御伝え頂ければ、当店の日本酒ソムリエ(自称)恵子さんが提案してくれると思います。


各月に起こったことや、お勧めメニュー・イベント情報等を投稿していきます♪


小田原城~小田原フラワーガーデン

先週に続き東京~静岡、途中下車の旅!第二弾 小田原編

 

新幹線からも観ることは有りましたが一度はと思い小田原下車。駅から近い事も有り徒歩で。

城の周りのお堀を囲む遊歩道は綺麗に整備され城を眺めながらの良い散歩コース!正門をくぐると思っていたより広く天守閣も登ってみましたが結構な高さに感じました。

築は室町時代に西相模一帯を支配していた大森氏が気付いた山城。15世紀末から北条氏が5代に渡り関東支配の中心として納め、後に豊臣秀吉の小田原攻めにより無血開城で北条氏は滅びました。歴史上、重要な御城ですね。

 

城を後にして時間も早かったので小田原駅からバスで「小田原フラワーガーデン」に。30分位でした。

ここは、ボランティア団体が運営している様で入場無料、駐車場も無料で平日にも関わらず大勢の来園者でイッパイでした。  

                               季節的に色々な種類のバラが満開で素晴らしかった。

                               池には菖蒲も植えてありましたが少し時期が早かった様でした

                              日本庭園も在り水車小屋の周りは梅の木がいっぱいで実が少し

                               だけ色ずいていました。

                               きっと季節によって色々な花が楽しめると思います。

                               超、お薦めのスポットです!!!

小田原城~小田原フラワーガーデン

熱海~MOA美術館~Fuua

本日は熱海の「MOA美術館」へ。

 

東京~静岡は何度も往復していながら途中下車の機会の無かった熱海に。東京から新幹線で40分位ですね!

初の「MOA美術館」丁度、興味のある江戸文化の展示でしたので。熱海駅からはバスで15分位。

実は熱海までがJR東日本、Suicaが使えます。

館内は長いエスカレーターを登ると天井に特大の万華鏡が!!!時より色が変化し綺麗ですね。

 

展示は「江戸の粋と艶」、良い題名ですね、華やかな江戸を語る言葉。

沢山の浮世絵や陶器、金の茶室等、素晴らしい物ばかりでしたが美術館からの海の景色も最高でした!

駿河湾を一望でき、天気も良かったので初島もくっきり( ´艸`)

平日だった事も有り、ゆっくりと鑑賞出来ました。

 

「MOA美術館」からオーシャンスパ「Fuua」へ!

(熱海駅から無料のシャトルバスが出ている。)

日帰りの温泉施設で海から温泉をくみ上げている様で、ショッパイ( ^ω^)・・・。

立ち湯からは駿河湾が一望出来、休憩室は広く、ソファーも沢山で寝転がったりと可成りくつろげる空間です。勿論、ビールも飲めるし軽食等も。

温泉の後のビールは最高に美味しい(^_^)v

一人で行っても全然くつろげるし自分以外にも大勢いました。

 

 

 

熱海~MOA美術館~Fuua

静岡の富士の眺め!

三保の松原

富士山と一緒に世界遺産に認定された「三保の松原」。

若かった頃にバイクでザッと通ったり海岸に釣りに来たりと何と無く観ていた事が有りますが時間が有ったので改めて訪ねてみました。

「天女の羽衣」が有名な逸話ですが、松林を通り過ぎて海岸に出ると富士山を見慣れている自分でも思わず笑顔になりました。

晴天にも恵まれてはいましたが、松林と綺麗に雪化粧をした富士、そして駿河湾、素晴らしいです( ´艸`)

静岡市は平野部が広く高層ビルも少ないので少し広い通りに出れば富士山を観れるスポットは沢山有りますが、三保海岸からの富士山は障害物もなく絶景です。

そして、もう一つのお勧めは「御穂神社・(みほじんじゃ)」

松林の参道を2キロ弱ほど歩きます。神社というと杉の大木が並んでいますが御穂神社は、松林。

静岡のチョットした観光スポットでした。

余談では有りますが、松平 健さんの「暴れん坊将軍」のオープニングの馬に乗ってタイトルの出る場面は三保海岸です!!!

遠州 森町 小国神社 森の石松

以前、知り合いがFacebookで上げていて興味も有ったので初めて、遠州 森町に!

清水の次郎長の子分の一人でも有った「森の石松」で有名な所ですね。

先ずは「小国神社」で参拝。「小国神社」は「大巳貴命(おおなむちのみこと)」が祀られている神社、神話に登場する心優しい「縁結びの神さま」や「厄除けの神さま」です。個人的には縁結びは・・・。厄除けの御祈りはしておきました。

出雲の大國、遠江の小国と呼ばれていた様で遠州の「小京都」と呼ばれていたほど歴史のある町で常に神々を敬う心を持ちながら伝承されている舞楽や祭りは、森町独自の文化を築いているようです。

平日にもかかわらず、参拝者は多かったように思いました。

本殿の屋根が檜皮(ひのきの皮)が引いて在り「お屋根替え」と称し定期的に替えるようです。

参道の両脇は老杉の大木が立ち並び神聖な雰囲気を感じます。

神社の入り口には「小國ことまち横丁」が在り、お茶のスイーツやお茶のつめ放題、わらび餅、ことまち横丁限定の「もんじゃまん」等も売られていて楽しい雰囲気です。

春の桜、秋の紅葉の季節は大勢の参拝者で賑わうようです。

お土産売り場に置かれていた森町の観光マップを貰ったので調べたところ、「森の石松のお墓」が車で20分程の所にあるので行ってみます!

清水の次郎長の子分、「森の石松」のお墓に!

森の石松の森は「森町」の事、幕末期に活躍したとされる

侠客。

小國神社から山を越えひっそりと佇んでいました。午前中で寒さもあり参拝者は自分ひとり!!!

お墓が建てられてからは「森の石松」の墓は商売繁盛や勝負運のお守りに成ると言う噂が流れ、石松のお墓の墓標を削ってお守りにする人が増えてしまい元々のお墓は見る影もなくボロボロにせれてしまったようです!!!!!

墓標を削るなんて、運が付くどころか罰が当たりそうに思いますが、それだけ地元の人達から愛されていたんでしょうね。

因みに今のお墓、何と3代目だそうです。2代目は、そっくりそのまま盗まれてしまったそうです。

杉の大木に囲まれ静かに埋葬されていますので3代目のお墓が今後も無事であることを祈ります。

続きを読む

寅さんに逢いたくて!

静岡でも、全国的にも珍しい「映画の街」で生まれ育った私にとって「男はつらいよ」は個人的には日本人の魂の様!

前から来てみたかった「柴又」に寅さんの聖地ですね。

昨年の「男はつらいよ」も当然観に行きましたが、歴代のマドンナの綺麗さと後藤久美子の昔と変わらぬ美しさ、そしてCGでは有りますが、回想場面で出てくる寅さん、泣けました。

柴又 帝釈天まで続く商店街は、映画の世界に入ったかのような錯覚に陥ります。

御参りをしてから題経寺の庭園と彫刻。拝観料は掛かりますが絶対に入って欲しいです。

庭園も勿論、素晴らしいのですが、彫刻はビックリでした。

凄いですよ。言葉では表せません!百聞は一見に如かずです。

境内で見つけた「寅さんおみくじ」、お決まりの「それを言ちゃあおしめいよ」の言葉で引いてみました。

昭和情緒溢れる商店街で「寅さん定食」を食べブラブラと・・・・。昭和を満喫しました。来てよかった、

                               でもまた来たいと思いました。

 

日比谷イルミネーション

 

 

今日は休日で映画でも観に行こうと、最近は邦画が多かったので、たまには洋画も良いな~と思い日比谷シャンテの上映スケジュールをチェック!

大好きなSFやアクション物は最近観ていなかったので、ブルース・●●のSFアクション映画を。

最近観た映画で最悪!よくこんな映画を作ったと思うくらいストーリーも終わり方もえっ!って思うような下らない映画でしたのでクサクサした気持ちで映画館を後にしました。

街の様子も観たかったので普段は、そのまま地下鉄で帰るのですが、歩いて帰ることに!

シャンテから出て、気が晴れました!!!

ゴジラ前の広場のイルミネーション、普段は昼間に映画を見ることが多いので気が付かなかったのですが今日は土曜日の最終の映画。

綺麗でした、イルミネーション!!!

色が変化していて人も少ない事も有ってゆっくりと眺めてました。

映画のモヤモヤが消えましたので気持ちよく散歩しながら家路につきました。

初詣

 

 

銀座の御店は1月5日からのスタートと言う事で昨年の御札を返しながら「靖国神社」に参拝に行って来ました。

御正月では在りますが人は少なかったです。

長い参道を歩きながら、何時も考えて居る事は、「自分は日本人、誇り高き日本人だ」とこんな事を思いながら参道をあるきます。きっと「コロナ」にも打ち勝つ!

 

人によっては「靖国神社参拝」を極右だと言う人も有るとは思いますが、自分は日本が好きで日本人です。

この神社に参拝する事が極右と捉える事が自分には不思議で仕方が無い。戦争中の永久戦犯を祀って有るかも知れませんが、彼らは日本の為に戦った英雄でも有ると思いますし当時、アジアで戦ったのは日本だけ。日本が戦わなければ、アジア諸国の独立は有っただろうか。戦後、敗戦国でありながら目覚ましい経済発展を果たした日本。

 

僕は誇りに思ってます。(個人の見解です)

 

因みに願い事は「家族の健康と幸せ」+「コロナウイルスの収束」です。

過去の投稿はこちらよりご覧頂けます。

〒420-0035 静岡県静岡市葵区七間町16-10

TEL:054-254-2919 定休日:水曜

 〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-20 山城ビルB1

TEL:03-6274-6773 定休日:第1・第3土曜/日曜/祝日