一年を通して美味しい食材の宝庫、静岡!!!

静岡人には当たり前すぎるかもしれませんが、四季を通してこれだけの豊富な食材が有る県、そんなに多くは在りませんよ!

もっと知ってほしい、静岡の美味しい地酒

静岡の地酒!吟醸王国静岡と言われる由縁!

それは、静岡は決して酒蔵が多くは在りませんが静岡の蔵元はこだわり抜いたお酒、純米酒以上のお酒を造っている蔵が殆ど、普通酒を造られている蔵元が少ないのが特徴!蔵元達が情熱を注ぎ自信を持って仕込んだお酒です。水に恵まれ、独自の米適用米(誉富士)を造り、蔵元達と県の共同開発で生まれた静岡酵母、そんな熱い気持ちのこもった静岡の地酒を銀座店では季節によりチョイスしながら販売しています。ご注文の際、ご自分の好みを御伝え頂ければ、当店の日本酒ソムリエ(自称)恵子さんが提案してくれると思います。


各月に起こったことや、お勧めメニュー・イベント情報等を投稿していきます♪


静岡の富士の眺め!

三保の松原

富士山と一緒に世界遺産に認定された「三保の松原」。

若かった頃にバイクでザッと通ったり海岸に釣りに来たりと何と無く観ていた事が有りますが時間が有ったので改めて訪ねてみました。

「天女の羽衣」が有名な逸話ですが、松林を通り過ぎて海岸に出ると富士山を見慣れている自分でも思わず笑顔になりました。

晴天にも恵まれてはいましたが、松林と綺麗に雪化粧をした富士、そして駿河湾、素晴らしいです( ´艸`)

静岡市は平野部が広く高層ビルも少ないので少し広い通りに出れば富士山を観れるスポットは沢山有りますが、三保海岸からの富士山は障害物もなく絶景です。

そして、もう一つのお勧めは「御穂神社・(みほじんじゃ)」

松林の参道を2キロ弱ほど歩きます。神社というと杉の大木が並んでいますが御穂神社は、松林。

静岡のチョットした観光スポットでした。

余談では有りますが、松平 健さんの「暴れん坊将軍」のオープニングの馬に乗ってタイトルの出る場面は三保海岸です!!!

遠州 森町 小国神社 森の石松

以前、知り合いがFacebookで上げていて興味も有ったので初めて、遠州 森町に!

清水の次郎長の子分の一人でも有った「森の石松」で有名な所ですね。

先ずは「小国神社」で参拝。「小国神社」は「大巳貴命(おおなむちのみこと)」が祀られている神社、神話に登場する心優しい「縁結びの神さま」や「厄除けの神さま」です。個人的には縁結びは・・・。厄除けの御祈りはしておきました。

出雲の大國、遠江の小国と呼ばれていた様で遠州の「小京都」と呼ばれていたほど歴史のある町で常に神々を敬う心を持ちながら伝承されている舞楽や祭りは、森町独自の文化を築いているようです。

平日にもかかわらず、参拝者は多かったように思いました。

本殿の屋根が檜皮(ひのきの皮)が引いて在り「お屋根替え」と称し定期的に替えるようです。

参道の両脇は老杉の大木が立ち並び神聖な雰囲気を感じます。

神社の入り口には「小國ことまち横丁」が在り、お茶のスイーツやお茶のつめ放題、わらび餅、ことまち横丁限定の「もんじゃまん」等も売られていて楽しい雰囲気です。

春の桜、秋の紅葉の季節は大勢の参拝者で賑わうようです。

お土産売り場に置かれていた森町の観光マップを貰ったので調べたところ、「森の石松のお墓」が車で20分程の所にあるので行ってみます!

清水の次郎長の子分、「森の石松」のお墓に!

森の石松の森は「森町」の事、幕末期に活躍したとされる

侠客。

小國神社から山を越えひっそりと佇んでいました。午前中で寒さもあり参拝者は自分ひとり!!!

お墓が建てられてからは「森の石松」の墓は商売繁盛や勝負運のお守りに成ると言う噂が流れ、石松のお墓の墓標を削ってお守りにする人が増えてしまい元々のお墓は見る影もなくボロボロにせれてしまったようです!!!!!

墓標を削るなんて、運が付くどころか罰が当たりそうに思いますが、それだけ地元の人達から愛されていたんでしょうね。

因みに今のお墓、何と3代目だそうです。2代目は、そっくりそのまま盗まれてしまったそうです。

杉の大木に囲まれ静かに埋葬されていますので3代目のお墓が今後も無事であることを祈ります。

続きを読む

寅さんに逢いたくて!

静岡でも、全国的にも珍しい「映画の街」で生まれ育った私にとって「男はつらいよ」は個人的には日本人の魂の様!

前から来てみたかった「柴又」に寅さんの聖地ですね。

昨年の「男はつらいよ」も当然観に行きましたが、歴代のマドンナの綺麗さと後藤久美子の昔と変わらぬ美しさ、そしてCGでは有りますが、回想場面で出てくる寅さん、泣けました。

柴又 帝釈天まで続く商店街は、映画の世界に入ったかのような錯覚に陥ります。

御参りをしてから題経寺の庭園と彫刻。拝観料は掛かりますが絶対に入って欲しいです。

庭園も勿論、素晴らしいのですが、彫刻はビックリでした。

凄いですよ。言葉では表せません!百聞は一見に如かずです。

境内で見つけた「寅さんおみくじ」、お決まりの「それを言ちゃあおしめいよ」の言葉で引いてみました。

昭和情緒溢れる商店街で「寅さん定食」を食べブラブラと・・・・。昭和を満喫しました。来てよかった、

                               でもまた来たいと思いました。

 

日比谷イルミネーション

 

 

今日は休日で映画でも観に行こうと、最近は邦画が多かったので、たまには洋画も良いな~と思い日比谷シャンテの上映スケジュールをチェック!

大好きなSFやアクション物は最近観ていなかったので、ブルース・●●のSFアクション映画を。

最近観た映画で最悪!よくこんな映画を作ったと思うくらいストーリーも終わり方もえっ!って思うような下らない映画でしたのでクサクサした気持ちで映画館を後にしました。

街の様子も観たかったので普段は、そのまま地下鉄で帰るのですが、歩いて帰ることに!

シャンテから出て、気が晴れました!!!

ゴジラ前の広場のイルミネーション、普段は昼間に映画を見ることが多いので気が付かなかったのですが今日は土曜日の最終の映画。

綺麗でした、イルミネーション!!!

色が変化していて人も少ない事も有ってゆっくりと眺めてました。

映画のモヤモヤが消えましたので気持ちよく散歩しながら家路につきました。

初詣

 

 

銀座の御店は1月5日からのスタートと言う事で昨年の御札を返しながら「靖国神社」に参拝に行って来ました。

御正月では在りますが人は少なかったです。

長い参道を歩きながら、何時も考えて居る事は、「自分は日本人、誇り高き日本人だ」とこんな事を思いながら参道をあるきます。きっと「コロナ」にも打ち勝つ!

 

人によっては「靖国神社参拝」を極右だと言う人も有るとは思いますが、自分は日本が好きで日本人です。

この神社に参拝する事が極右と捉える事が自分には不思議で仕方が無い。戦争中の永久戦犯を祀って有るかも知れませんが、彼らは日本の為に戦った英雄でも有ると思いますし当時、アジアで戦ったのは日本だけ。日本が戦わなければ、アジア諸国の独立は有っただろうか。戦後、敗戦国でありながら目覚ましい経済発展を果たした日本。

 

僕は誇りに思ってます。(個人の見解です)

 

因みに願い事は「家族の健康と幸せ」+「コロナウイルスの収束」です。

2021年 静岡スタート

改めまして、新年明けましておめでとうございます。

 

毎年恒例のスタート、地元の「別雷神社」での御祈祷からの今年のスタートです。

2020年、コロナ禍で世界中が暗い一年でした。未だ未だ、ワクチンの供給には時間も係るかと思いますが、皆様と明るい1年にしたいと思っております。

コロナが無くなる事は無いとは思いますが、ワクチンが出来、人と人とが以前の様に行き来出来、笑顔で接する日が来る事が人として一番の幸せ。

ニュースでは、「新しい日常」と言う言葉を耳にしますが、今までの日常を取り戻す事が一番だと私は思います。

 

今年も皆様、宜しくお願いします。

 

2021年 元旦

 

 

2021年のスタート!今年はコロナ禍と言う事で家族で過ごそうと去年の内から計画していた、「家族でゲーム」と「アラ鍋+すき焼き鍋」。

年末29日に静岡の市場にアラを買いに行ったら無いとの事でしたが、市場のカッコイイお兄さん(松苗君)が九州 長崎に電話を入れてくれ30日に到着。

お取り寄せしてくれました(感謝)。

家族で私の別宅に集合、先ずはアラから。刺身も美味しかったが一番好きな頭を鍋で(*´▽`*)最高に美味しい(*^▽^*)

妻の造った、シュウマイも美味しいが自分が造った「稲荷寿司」がイマイチで残念。

アラ鍋からの、すき焼き鍋。これもまた(*^▽^*)

ビールを飲みながら計画通り、任天堂スイッチで「マリオカート」で勝負!使い方が解らぬまま戦線離脱(´;ω;`)

子供達(もう大人)は楽しそうに兄弟で楽しんでました。何気ない光景ですが、親としては懐かしい光景で観ていてホッコリしていました。

孫は一人(3歳)ですが、これから次男や長女が結婚すれば、家族が増えて良いな~と思いながらの楽しく、幸せな元日でした。

やっぱり、家族、兄弟が仲良い事は、父親としては幸せですね。

絶品プリン

東京 神楽坂の絶品プリン🍮「ACHO(アチョ)」さん!

前から食べてみたかったのですが、中々機会に恵まれず。今回は本日、静岡店のカウンターに立たなければ成らないのでお土産にと思い帰る前に。神楽坂駅から、歩いて5分は掛からない。

メイン通りから入った静かな住宅街に御店は有ります。

静岡 島田市出身の奥様と旦那さんが二人で営むお洒落な銘店です。

プリンも何種類も有りますが、焼き菓子なども可愛らしいお洒落な包みで並んでいます。

店内は決して広くは有りませんが、次から次えとお客様が絶えません。

お店のドアを開くと、旦那様も奥様も笑顔で迎えてくれます。

勿論、味もさることながら、人柄も合っての人気店なんだと思いました。

今回、あえてプリンの写真は載せていません。とても滑らかで柔らかく、超美味しい🍮プリンです。

                               食べてからのお楽しみにしてくださいね!

2020年 コロナVS人類

昨日で2020年の営業を終えました。辛い一年でした。

2020年、年明けから「中国 武漢で新しいウイルスのが蔓延している」とニュースで騒ぎ出した1月。未だ他人事、以前のマーズやサーズの様に中国国内での出来事だと思っていた。年明けから忙しく1月、2月とあっと言う間に3月に入った頃は良く御客さんから「外、誰も歩いて居ないよ~!」、忙しいね!と言われながらも毎日、「新型コロナウイルス」のニュース。

3月初旬から3月下旬のキャンセルの電話が相次ぎ予約表は真っ白。4月初旬から緊急事態宣言(´;ω;`)静岡に帰り静岡のお店で御弁当とおつまみセットの販売を手伝い、ゴールデンウィーク明けに東京に戻る。東京でも弁当の販売を始め、買って頂いた御客さんはとても喜んでもらえました。6月、感染者が減り店再開。少し取り戻したと思いきや時短営業等で・・・。

12月下旬、常連の御客様の予約で最後に笑顔で1年が終了。

静岡、東京と2つの会社、今年程書類を書いた年は無かった。

でも、静岡の息子達とお弁当を販売したり、普段経験出来ない事を出来た年でも有りました。良い経験に成ったと思います。来年もマダマダ厳しい幕開けと成りそうですが頑張ります。

上を向いても下を向いてもキリが無かったら上を向いて居た方が気分も良いですから。

東京「銀座 乃だや」、静岡「味の店 乃だや」を応援して頂いた皆様、1年間、有り難うございました。来年も宜しくおねがいします。

過去の投稿はこちらよりご覧頂けます。

〒420-0035 静岡県静岡市葵区七間町16-10

TEL:054-254-2919 定休日:水曜

 〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-20 山城ビルB1

TEL:03-6274-6773 定休日:第1・第3土曜/日曜/祝日