秋田編 1日目

久々の一人旅!

今回は秋田に。秋田、日本海にチョット飛び出た男鹿半島に。

秋田と言えば「秋田犬」・「秋田美人」・「稲庭うどん」・「なまはげ」・「秋田小町(米)」等色々ありますが、飛行機で羽田空港から1時間弱と言う事でいざ出発!飛行機の時間が朝の7時!8時には秋田空港に到着。リムジンバスで秋田駅に40分ほどで到着とあっという間でした。

秋田駅から男鹿駅まではローカル線でゆっくりと・・・・!

約1時間で到着し男鹿駅からは「なまはげシャトルバス」。幾つかの観光スポットに停留所が有り乗り降り自由な1日乗車券で。先ず向かったのは「入道崎灯台」。

バスで走っている間の海の景色に見惚れながら!とにかく海が綺麗で。到着が丁度、御昼位。先ずは腹ごしらえに「男鹿名物・ウニ丼ですね。

お腹が満たされ灯台からの景色と海からの風を感じながら次の目的地「男鹿水族館」に向かいま~す!!!

「男鹿水族館」!!!

人気者お「豪太くん(シロクマ)」に会いに。

ここ、水族館ですよね!普通、シロクマって動物園に居ませんか?そこが、この水族館の面白い所ですよね!結構な広さで展示されている魚は男鹿半島近海に生息している魚がメインで「ハタハタ」や「真鱈」など他の水族館にはいない魚も居て中々の見ごたえでした。又、水族館が岩礁地帯のすぐ横で景色やうみも最高!水族館の入り口では名物「ババヘラアイス」のお店が有って子供達には大人気の様でした!あのヘラ使いは、もはや職人技ですな!!!

水族館の後は「なまはげ資料館」に向かいま~す!!!

シャトルバスに揺られて「なまはげ資料館」に到着。山の中で寒い!やはり東北、日が陰り始めてからは気温がグーっと下がってきました。

「なまはげ」の由来から歴史、今もなお受け継がれて居る事!村々により色々な「なまはげのスタイルが有る事、そして「なまはげ」は独身男性が行う事、グループに分かれ交代で大晦日の夜に行い食事やお酒を振舞われるので交代しながら家々を訪れること等、勉強になります。とても良い風習です。

資料館の横で「男鹿真山伝承館」と言う民家の建物が有り「なまはげ」の実演を見せてくれるとの事なので入ってみました。

最初に「なまはげ」の説明や実演中の注意が有り、この時点で小さな子供達は泣き顔!!!自分を含めて10人位だったか静かに「なまはげ」の登場を待ちます。入り口の戸を叩きながら大きな「なまがげ」も声が響きます!この時点で子供たちは大泣き!女性の悲鳴も!思いましたが普通に怖いですよ。いざ登場すると「なまはげ」の声より子供の泣き声の方が大きいくらい!家の主人が出迎え食事とお酒も振る舞い、帰って貰うまでは家中を歩き回り私たちの席まで!この時点で子供たちの泣き声は、嗚咽に変わっていました。

滅多にお目に掛かれない、と言うかここに来ないと体験できない貴重な経験をさせて貰いました。秋田に来たら「なまはげ資料館」とこの伝承館は超お薦めです!

夕方に成ってしまったので男鹿駅までシャトルバス、そしてローカル電車で秋田駅に向かいます!!!

男鹿駅から秋田駅に到着したのは、夕方の7時過ぎ。ホテルは駅の直ぐ横だったので遅めのチェックインを済ませサワーを浴びまったり?なーんてしてる間も無く秋田で唯一の繁華街へ!此の時既に8時過ぎ!ホテルで教えて貰った御店に行くが時間も遅く断られ、まあ、地元の酒とじもとの料理が食べれるお店に!

「ハタハタの塩焼き」・「きりたんぽ鍋」等と地酒を飲んだ時点で酔いと疲れが一気に!朝、出発も早かったし秋田着いてからずーっと乗り物と歩きで楽しくは有ったが流石に疲れた!

明日は、午後3時には空港に行かなくては成らないので今日は早く寝て明日は駅周辺を散策だな!

見所満載の秋田一人旅一日目が終了です!

おやすみなさいzzzz。

〒420-0035 静岡県静岡市葵区七間町16-10

TEL:054-254-2919 定休日:水曜

 〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-20 山城ビルB1

TEL:03-6274-6773 定休日:第1・第3土曜/日曜/祝日